黒谷暦 季節のお知らせ

春は花 夏ほととぎす 秋は月
冬雪さえてすずしかりけり

道元禅師

2018.4.1

当山の櫻木の蕾も心なしか膨らんできました、
参道には猩々袴が咲き始め漸く春の山野草の季節到来です。
新緑の中をフィトンチッドを浴びながら
八十八所巡拝と共に黒谷のお花見にお出かけください。
さて、春は躍動の月です、
始まりの時でもあります、
無尽の勇気をもって一歩々を大切に進めて頂きたいものです。
時には聖域の中に身を置き大自然の中で自己の浄化を促しながら、、、
御心をお運びください。

黒谷八十八ヵ所巡拝の心得

山門は世間と寺との結界です、一礼をして境内にお入りください。
観音堂に入りローソク・線香を立て参拝の御意思を報告して、
外にある杖(お大師様)と共に仏像前のお砂踏みをしながら巡拝して下さい。
般若心経又は六根清浄と唱えながら1番から順打ちして下さい。

※フィトンチッド:「植物」樹木から放出される物質で
健康だけではなく癒しや安らぎを与える効果が有ります。

春は花 夏ほととぎす 秋は月
冬雪さえてすずしかりけり

道元禅師

2018.3.1

多くの雪と長い冬もようやく去り春の風を感じる今日この頃です。
今月はお涅槃会とお彼岸の月です、
“暑さ寒さも彼岸まで”の言葉通り雪解けが始まり蕗の薹が土の中から芽を出し始めています、
3メートルを超える積雪も半分になり大自然は春の準備へと着実に歩み始めています。
人智をはるかに超えたものにそっと耳を澄ませ目にみえぬものに対して畏敬の念を持ち、新しい息吹の声を聞いてみませんか。
黒谷観音では3月18日はひと月遅れのお涅槃会です、
近隣の皆様お誘い合わせてお参り下さい、参拝の皆様にお団子をお配りします。

涅槃会

お釈迦さまの入滅された日です、
滅・寂滅・円寂等と訳され、ニルバーナーとも云い煩悩の炎を吹き消すとの意味もあります、
日常の雑多に追われる心を少し休ませて静かに祈りの声に耳を傾けてみませんか。
涅槃図の解説も素晴らしい内容です。

冬来たりなば春遠からじ
イギリス詩人・シェリー

2018.2.1

今年はかってない厳しい冬となりました。
野鳥や動物たちに餌をあげる回数がこれ程に頻繁な年が無かったように思います。
自然の営みは人智では計り知れません!
なればこそ人間のみが出来る謙虚さ、慎ましさの心で大自然と向き合いたいものです。

節分会

昔は立春・立夏・立秋・立冬の前夜を節分と言っていましたが、後に特に立春の前夜のみに成りました。
陰陽道では冬から春の季節の変わり目に“陰の気と陽の気”が激しくせめぎあいして邪気を生じ災いをもたらすことから、
これを払う行事が出来たと言われています。
本年も「福は内、鬼は外」と、邪気を払い福を呼び込んで頂きたいものです。
生きとし生けるものが安泰で有ります様に安楽であります様に

過ぎゆく年・迎える新しい年を黒谷観音で
心耳を澄ませ本来の自身と向き合ってみませんか。

2017.12.31

12月31日 12時より除夜の鐘をつき初めると共に、
かがり火で暖まりながら、甘酒をお召し上がりください。
※31日、1日、2日は、「茶処」で甘酒のお接待をしています。ぜひお召し上がりください。
1月1日 10時から読経が始まり、参拝の方を無病息災を祈念いたします。
なお、特別祈願も受け付けておりますのでお申し込みください。

黒谷観音年末大掃除ボランティア募集

2017.11.24

12月17日(日)に黒谷観音年末大掃除を行うにあたり、
ボランティアでご協力いただける方を募集しています。
時間は午前9時から正午まで、粗飯ですが昼食が出ます。
内容は境内掃除・堂内掃除・ガラス拭きなどを予定しております。

お問い合わせ

〒912-0075 福井県大野市下黒谷18-52

tel. 0779-66-0325